DHA&EPAサプリメントを比較検証

サラサのDHAへようこそ。当サイトではDHA・EPAサプリメントを実際に使用して比較検証しています。あなたに一番合ったサプリを見つけて、健康のために賢く安全に摂り入れていきましょう。

スポンサードリンク

dha-mokuhyou
体の健康を保つためにとても大事な役割を果たす、DHA・EPA(オメガ3脂肪酸)。厚生労働省によると1日1g(1,000mg)以上摂ることが推奨されていますが、日本人の一般的な食生活の平均では、その半分にも届いていません。

魚離れが進んでいることが大きな原因なのですが、1gのDHA+EPAというと、実にマグロの赤身で9人前以上になるんです。しかも、DHAは熱に弱いので、加熱して調理すると食べる頃には約半分が失われてしまっています。

ですから、目標摂取量を毎日キープするために、DHA・EPAサプリメントを生活に採り入れることが大切なんです。

DHA・EPAおすすめベスト3

DHA・EPAサプリメントもたくさんの製品がありますが、サラサのDHAがおすすめするDHA・EPAサプリメントを発表します。

■選び方のポイント!
サラサのDHAではこの3つのポイントを重要視しており、【基本評価項目】と呼んでいます。

  • 安全性:原料となる魚に水銀などの有害物質は入っていないか?
  • 品質維持:酸化しやすいDHAを工場からカラダまでしっかり届けることができるか?
  • コスパ:成分含有量に対しての価格は、お得度があるか?毎日続けるものだからこそコスパが大切!

この基本評価に加えて、実際にサプリを試してみての味や臭い、飲みやすさといったポイントを加味しています。
実際にDHA・EPAサプリの必要性を感じている「消費者としてのレビュワー」が参加しているから、ホンネの部分がわかります♪

やずや 青魚の知恵

DHAは、体内で作ることができないので、外から食事などで摂るしかありません。しかし、DHAは、扱いが難しく酸化しやすかったり、熱に弱かったりと、通常の調理方法ではなかなか効果的に摂ることができません。そういう栄養素に対しては、サプリメントで摂るのがいいですね。
DHA+EPA
100mgあたり価格
32円
基本評価★★★★★
工場生産、成分検査、申し分ありません。
価格100円
キャンペーン初回購入キャンペーンあり

DHA・EPAサプリメント一覧比較表

サプリ名サプリ紹介
青魚の知恵
(やずや)
◎DHA・EPAに加えてカルシウムも手軽に補給。健康食品大手やずやの安心製法。
◎一袋あたり基本情報
・DHA含有量:3976mg
・EPA含有量:1312mg
・価格:¥2,000(単品) / ¥1,800(定期コース)
きなり
(さくらの森)
◎人気のクリルオイルとナットウキナーゼを配合した高品質DHA・EPAサプリメント。
◎一袋あたり基本情報
・DHA含有量:13524mg
・EPA含有量:1470mg
・価格:¥5,695(単品) / ¥3,790(定期コース)
DHA&EPA+セサミンEX
(サントリー)
◎豊富なDHA・EPAをセサミンが酸化から守る!安心の大手メーカー。
◎一袋あたり基本情報
・DHA含有量:9000mg
・EPA含有量:3000mg
・価格:¥5,500(単品) / ¥4,950(定期コース)
フローレス生EPA+DHA
(フローレス倶楽部)
◎DHA・EPAの濃さで勝負!独自のハードカプセルでしっかり届ける。
◎一袋あたり基本情報
・DHA含有量:4320mg
・EPA含有量:19440mg
・価格:¥2,371(単品) / ¥1,852(定期コース)
DHA習慣
(エバーライフ)
◎DHA・EPAと深海鮫生肝油が体を元気に!
◎一袋あたり基本情報
・DHA含有量:10500mg
・EPA含有量:1170mg
・価格:¥3,870(単品) / ¥3,480(定期コース)
健康家族 イリョウリーフ◎めぐりをサポートするイチョウ葉エキスを中心に、DHAもプラス。
◎一袋あたり基本情報
・DHA含有量:625.8mg
・EPA含有量:0mg
・価格:¥1,814(単品) / ¥1,632(定期コース)
DHA&EPA+N-アセチルグルコサミン
(UMIウェルネス)
◎DHA・EPAに記憶改善剤の特許を取得した成分をプラス。
◎一袋あたり基本情報
・DHA含有量:9000mg
・EPA含有量:1200mg
・価格:¥4,191(単品) / ¥3,772(定期コース)
ナットウキナーゼ&DHA
(小林製薬)
◎DHA・EPAにナットウキナーゼとケルセチンを配合。溶かすチカラが2倍に。
◎一袋あたり基本情報
・DHA含有量:mg
・EPA含有量:mg
・価格:(単品) / (定期コース)
青魚のチカラ DHA/EPA
(森下仁丹)
◎微小カプセルタイプで粉末のような感覚で飲める、乳酸菌大手のサプリ。
◎一袋あたり基本情報
・DHA含有量:27000mg
・EPA含有量:3000mg
・価格:¥4,752(単品) / ¥3,801(定期コース)
DHA・クロセチン+パームカロテン
(ライオン)
◎DHAにクロセチンとバームカロテンを配合。
◎一袋あたり基本情報
・DHA含有量:9000mg
・EPA含有量:510mg
・価格:¥5,658(単品) / ¥5,086(定期コース)
イマークS
(ニッスイ)
◎飲料タイプで続けやすい、ニッスイのDHA・EPAドリンク。
◎一袋あたり基本情報
・DHA含有量:2600mg
・EPA含有量:6000mg
・価格:¥3,000(単品) / ¥2,500(定期コース)
すごいDHA&EPA
(リフレ)
◎DHA・EPAにイワシのサーデンペプチドや玉ねぎのサラサラ成分を配合。
◎一袋あたり基本情報
・DHA含有量:18600mg
・EPA含有量:9300mg
・価格:¥4,200(単品) / ¥3,696(定期コース)
イワシ倶楽部◎銚子産限定のイワシからつくられたDHA・EPAサプリ。
◎一袋あたり基本情報
・DHA含有量:3287.4mg
・EPA含有量:2486.8mg
・価格:¥4,800(単品) / なし(定期コース)

「DHA&EPAサプリを摂る理由」
40代も後半になると、健康についていろいろと気になってくるものです。特に主婦をされている方だと、自分の身体の事ばかりではなく、毎年旦那さんの健康診断が来るたびにドキドキしている方も少なくないのではないでしょうか。
そんな方たちの間で今DHAとEPAというサプリメントが、手軽に身体をサポートできると話題になっています。

DHAとは?

まず、DHAというのは「ドコサヘキサエン酸」の略称、EPAというのは「エイコサペンタエン酸」の略称で、どちらも魚油に多く含まれる成分です。両方健康に良いとは言われるものの、人間の体内で合成することができず、食事から摂取しなければいけません。
日本人は大昔から魚を沢山食べる食生活を送っていたため、特別意識をしなくても摂取できていました。しかし最近では魚を食べる機会が減るのと比例して、DHAとEPAの摂取量も少なくなっています。

DHAとEPAはマグロやカツオを初めとし、イワシ、サバなど青魚に多く含まれますが、食事が多様化した現在、毎日魚を食べることが難しい場合もあります。近年は価格面や調理の手間から、ついには肉類の摂取量が魚介類の摂取量を追い越してしまったそうなのです。確かに忙しい社会人は、特にお昼はコンビニのお弁当など魚や野菜の少ない食事をしている方も多いでしょう。そうするとどうしても摂取カロリーは増え、油ものを口にする機会も増えていきます。さらに朝はほとんど食べない、なんていう方もたくさんいらっしゃるのが現実です。

だからこそ、サプリメントを上手く利用して、手軽に不足分を補う必要があるのです。ここ数年でぐっと注目度の上がったDHAとEPAのサプリメントは様々な種類が販売されています。それぞれ単体のもの、DHA&EPAとしてセットで販売されているもの、さらには他の成分ともセットになっているものとありますので、予算や自分の好きなメーカーなどから選んでみてくださいね。

DHAとEPAの期待できる効果とは!?

実際にサプリメントでDHAとEPAを摂ることで、どんな嬉しいことが期待できるのかも確認してみましょう。DHAは固まりにくい特性があり、摂取することでドロドロをサラサラに、体をスッキリさせる力があると言われています。しなやかに、そして柔らかく、体を正常値に整えていく力が期待できます。気持ちが疲れた時のケアにも大きな役割を果たせるということで、様々な面からサポートしてくれるものだと考えられる成分です。

EPAにも同じく、サラサラにする効果があると言われています。体内で滞ることなく、スムーズな流れを作り出すことで健康をサポートしてくれるEPAは、健康診断などで導きだされる健康値に不安がある方にぴったりです。このサラサラの力があることによって、魚は冷たい海の中でも元気に生きていけるのだとされています。

どちらも人間の体を健康に保つために、とても重要な働きをするものですが、現在さらに様々な効果が期待できるのではないか、という注目も高まっています。学者たちの間での研究も進んでいますから、今後新しい役割を担う成分になっていくことにも期待大です。

このように、体を整えることに大変良いとされるDHAとEPAですが、実は年齢とともに摂取量が減ってしまう傾向にあります。これは単純に食事量が減ることが大きな原因だとされていますが、1日単位で見た必要量は20代も60代も変わりません。人間の体は年齢とともに抱える問題が増えると考えられているにも関わらず、必要な量は変わらないのに摂取量が減るというのは大変な問題です。

40代から50代に差し掛かると、特別病気ではないけど、なんだか調子が悪い気がすると感じる方も増えて来ます。特に40代ですとまだまだ脂っこい食事の方が好き!という方も多いでしょうから、なおさらサプリメントで必要なものを意識して摂取することが大切です。
魚を多く食べているイヌイットの人々は、年齢を重ねても非常に健康的な方が多いそうです。それはこういったDHAやEPAを、自然と食事で摂取しているおかげなのかも知れませんね。

スポンサードリンク
サブコンテンツ